2009年04月07日

漢検「値下げ」せず受検者募集…文科省の指導に応じず

公益事業では認められない多額の利益が問題に
なっている財団法人「日本漢字能力検定協会」
(京都市下京区、大久保昇理事長)が、
漢字検定の検定料を引き下げないまま、
6月に行う今年度第1回試験の受検者を募集して
いることがわかった。(読売新聞)

ちっ(怒った顔)これは問題ですね。

雷

公益事業とは名ばかりで

見逃しておくと、

議員さんの天下り先にも

なるのではないでしょうか?
posted by しらい at 16:20| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
不明朗な運営が問題になっている財団法人「日本漢字能力検定協会」(京都市下京区)が、大久保昇・前理事長(73)の、京都市内の自宅の警備費を、約6年半にわたって支出していたことがわかった。
Posted by 漢検、前理事長宅の警備費を6年半も負担…今月まで継続 at 2009年04月21日 21:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。